うつ病の治療
2017年04月10日更新 2017年03月31日公開

うつ病の治療と治るまでの期間

うつ病だとわかっても仕事を休むのに抵抗がある人も多いと思います。ですが、うつ病の治療期間は症状や患者によってさまざまです。ドクター監修のもとうつ病と治療期間について詳しくご紹介します。

一般的なうつ病は早期から治療を始めることで、早く治ると考えられています。しかし、発見が遅れたり、軽視して過ごしていたり、病院に行くのに抵抗を感じていたりで治療が遅くなったとき、重度なうつ病に進行してしまっていて、治療が長引く可能性もあります。ここでは、うつ病と治療期間を重点的に詳しくみていきましょう。

うつ病治療の考え方

一時期は「心の風邪(かぜ)」と呼ばれ、一時的なものと考えられていましたが、最近では治らないうつといわれる「難治性うつ病」と呼ばれる病気が注目されてきています。そもそもうつ病とひとことで言っても、症状や治療方法は患者によってさまざまとなっています。

一般的な「うつ病」は他の精神疾患を合併していることが多く、その精神疾患を見落とすことで、うつ病の症状がなかなか改善しないこともあります。特に注意が必要なのは躁うつ型と呼ばれる症状で、抑うつ状態と興奮状態がくりかえされる症状です。これは通常のうつ病の治療、投薬を行なうと逆効果となってしまう可能性がありますので、決して見落とさないように注意しなければなりません。

うつ病の診断方法

うつ病は他の疾患と違い、患者の身体に特有の症状があるわけではありません。さらに、患者の環境や性格によって原因や症状は変化し、適した治療も変わってくると考えられています。したがって、判断は困難を極め、治療もすすめながら適宜変更を加えたりと慎重にすすめていくことが一般的とされています。

問診

うつ病と判断するにあたって、もっとも重要視されるのがこの問診です。ここで誤った判断をしてしまうことで、その後の治療に効果があらわれないばかりか、悪化を招く可能性もあるためです。

そのため、患者がなにをいつ頃から苦しんでいるのか、それはどうしてなのか、考えられる要因はなにがあるのか、どのような性格なのか、過去になんらかのトラウマがあるのか、心の症状だけなのか、身体の症状はないのか、食欲はあるのか、眠れるのか、といった無数の情報を、患者に負荷を与えることなく、ただしく引き出す必要があります。

この問診に丁寧に行なうことで、その後治療方針や効果が変わってくるため、問診を受ける際はどう答えるかを自分の中である程度整理して、的確に自身の症状や状態を伝えるとよいでしょう。

DSM

うつ病だと判断する際に設けられた国際基準のひとつです。1994年に発行されたもので、一概にこの結果に基づいて判断されるわけではありませんが、一種の目安としてはいまも参考にされている方法です。以下の9つのパターンのうち、5つ以上の項目が2週間つづいている、苦しさを感じている、生活に支障があるといった場合はうつ病と判断されます。

1.ほぼ慢性的にゆううつを感じている

2.ほぼ慢性的に喜びを感じない状態がつづいている

3.極端に食欲がある、もしくは食欲がない

4.眠りがあさい、眠れない、もしくは寝過ぎてしまう

5.イライラしやすい、動くのがおっくうになる

6.疲れやすい、気力が低いと感じる

7.自分で自分を責めることが多い、罪悪感をいだくことが多い

8.集中できない、なにも考えたくない、決断できない

9.死にたいと考える、自殺を口にしてしまう

これらのうち「1」か「2」は必須とされています。しかし、この方法だけでは不安障害や躁うつ状態といった他の精神疾患も同様に「うつ病」と判断してしまう可能性があり、ただしく判断できない可能性があります。その結果、適切な治療を行なうことができず、「治らないうつ」を増加させている要因にもなっていると考えられています。

うつ病の治療

うつ病の治療には、第一に心身共に休養が求められます。身体だけではなく心の休養が重要となりますので、うつの原因、ストレス、不安といった原因をクリアにして休養する必要があります。

仕事をただ長期休暇するだけでは、患者の責任感やまじめさから仕事や経済面、復帰後のことが気になってしまい、十分な心の休養ができなくなってしまいます。そして患者や症状に合わせた抗うつ薬を使用し、カウンセリングを併行しながらゆっくりと治療をすすめていくのが一般的となっています。

うつ病の治療期間

うつ病の治療期間は一概には決めることはできないとされています。早期に発見し対処すれば、通院しながら仕事をつづけられるケースもありますし、3か月程度の休養で職場や学校に復帰できるケースもあります。治療が遅れると半年や一年かかる場合もありますし、前述のとおり「治らないうつ」まで進行している場合もあります。患者の環境や原因、性格によって大きく変化しますので、治療期間を念頭におくことはすすめられません。

また、治療が途中なのにもかかわらず、自己判断で薬を止めてしまったり、通院を止めてしまうと、症状がさらに悪化してしまったり、薬の影響で落ち着かなくなってしまったりすることもあります。決して医師の指示なく薬を止めたりしないように気をつけましょう。

「うつ病の治療」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play