うつ病の基礎知識
2017年04月10日更新 2017年03月31日公開

うつ病になってわかる心と身体に出る症状

うつ病の症状は周囲の人から理解されにくいところがあります。外見上は普通の人と変わりがないことも多く、誤解を受けやすい病気でもあります。具体的なうつ病の症状をドクター監修のもと、みていきましょう。

うつ病は周囲の人に苦しみがわかってもらいにくい病気です。昨今になり、ようやく病気だと捉えてくれる企業や、病気としての辛さに理解を示す社会の風潮も出てきましたが、実際の症状については健康な人にはわかりにくいものです。うつ病の症状とはどのようなものなのか、詳しくみていきましょう。

うつ病とは

一般的な「抑うつ状態」というものは、誰しもが経験している、経験する可能性がある状態のことを指します。大切な人を失った、ペットロス、失恋、仕事や家族の悩み、経済面の悩みや不安といった状況になったとき、「ゆううつ」になり気分が沈み込むことがあると思います。これが俗にいう「抑うつ状態」です。この抑うつ状態は、通常は長くても2週間程度で改善されることが一般的とされています。これ以上続いてしまうと、慢性的な抑うつ状態となり「うつ病」と呼ばれる病気に該当することになります。

うつ病には原因からみていくつかの種類に分けられ、身体因性、内因性、心因性といったものがそれにあたります。

内因性うつ病

一般的なうつ病とされているのが内因性うつ病で、大切な人やペットの死などで発症する一時的なうつ病が該当します。内因性うつ病は自然回復すると考えられていますが、その間も症状は出ていますし、衝動的に自殺を考える可能性もあるため、抗うつ剤を使用しての早期治療が推奨されています。

身体因性うつ病

アルツハイマー型認知症といった脳の疾患や、身体の病気、ステロイドなどの薬剤による影響のものは、身体因性のうつ病だと考えられています。

心因性うつ病

これは性格が大きく影響しているとされるうつ病です。特に内向的、まじめ、几帳面、責任感が強いといった性格の持ち主が、なんらかのきっかけを経てうつ病へと進行してしまうケースが多いとされています。きっかけはさまざまで、上記であげた内因性の原因以外にも仕事での失敗、生活環境、人間関係といった条件も、うつ病へと続く要因になることも少なくありません。また、気分や時間帯で大きく変動したり、好きなものに接しているときは症状が出なかったりといったタイプも心因性に含まれています。

うつ病の症状

うつ病の症状には心に出る症状と身体に出る症状があります。

心の症状

代表的なものに全体的な意欲の低下が考えられます。

  • 趣味に没頭しても楽しくない
  • よいことがあっても嬉しくない
  • イライラする
  • 落ち着きがなくなる
  • 自信がなくなる
  • むやみに自分を責めてしまう
  • いろんなことが不安
  • 集中力がなくなった
  • ネガティブな思考をくりかえす
  • 死にたくなる

身体の症状

いずれも一時的にはよくある症状ですが、うつ病ではこれが慢性化しやすいとされています。

  • 眠れなくなった
  • 寝てもすぐ目がさめる
  • 身体がだるい
  • 寝起きの調子が優れない
  • 疲れやすくなった
  • 性欲がない
  • 食欲がない
  • 頭痛
  • 肩こり
  • めまい
  • 下痢
  • のどが渇きやすい

うつ病の治療とは

うつ病の治療には、まず十分な休息が必要と考えられています。この場合の休息は身体だけではなく、心の休息も当てはまります。たとえば、仕事をしている場合には、その仕事を休むことに対する不安を取り除かなくてはなりません。休職するにあたっての問題、休職中の手当や経済面の不安、復帰する際の懸念点などをクリアにすることができて、初めて心が休養できる状態になると考えられます。

もともと責任感が強くまじめであると、休職中も仕事のことを考えたり経済面の心配があったり、自分が戻ったときに居場所がなくなっているのでは、といった不安を抱えてしまいがちです。しかし、休養に専念できる環境が整わなければ、効果的な治療にはならないかもしれません。

薬の使用

意欲が削がれている原因を解決するため、セロトニンやノルアドレナリンの働きを改善する必要があると考えられています。これにはストレスを遠ざけて生活したり、無理のない範囲で軽い運動をつづけたりといった生活習慣の改善も必要ですが、抗うつ剤でのサポートも効果的とされています。

抗うつ剤は、不足している脳内物質の働きを補助することが大きな役割です。人によっては副作用が強く出てしまう可能性もありますので、投与する量を少しずつ増やしたり、効果がみられない場合は適宜、種類を変更したり、といった試行錯誤を重ねて慎重に治療をすすめていきます。

電気けいれん療法

もともとは1930年に開発された、うつ状態に高い効果があるとされる治療法で、電気を送り込むことで脳内のバランスを整えるという方法です。しかし、当時の技術では治療の際に患者に対して苦痛を与えてしまう欠点がありました。現在では医療技術の進歩にともない、多くの欠点が改善されています。「修正型電気けいれん療法」と呼ばれて改めて注目されている治療法となってきました。

使用の際に患者の不安などをとりのぞいて安全に行なうため、全身麻酔や筋弛緩剤(きんしかんざい)を使用します。そのため麻酔科医の確保が可能な総合病院などでしか受けられないのが難点となっています。うつ病の強い症状で悩んでいる方は、医師に相談してみましょう

「うつ病の基礎知識」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play