うつ病の疑問
2017年04月10日更新 2017年03月31日公開

うつ病を再発させないためにどうする?

うつ病の治療が進んできて回復したと感じても、うつ病はとても再発率が高く油断は禁物です。再発すると以前よりも症状が重くなってしまうこともあるので注意が必要です。再発を防止する対処法をドクター監修の記事でお届けいたします。

うつ病の治療には時間がかかりますが、調子がよくなり日常生活にもどれたと感じるようになっても再発してしまうことが少なくないとされています。そのため治療期間が数年続くこともあります。うつ病の再発について見てみましょう。

うつ病が再発する原因

うつ病の治療は回復期に入っても症状がよくなったり悪くなったりをくりかえすことが多いです。このよくなったと感じられる時期に、自己判断で薬の服用をやめてしまう方が少なくないとされています。しかし、うつ病は完全に治ったわけではないため再び症状が悪くなり抑うつ状態になってしまうことが多いといわれています。

うつ病再発の兆候

よく見られる兆候としては、以下のような症状があります。

気分が沈む抑うつ状態

患者の言葉や表情、雰囲気などで家族や周りの人たちが気づくことが多いといわれています。午前中にこの症状がひどい場合が多く、午後から夕方になると軽くなる場合があると考えられています。

食欲増加や不振、体重の変化

食欲不振の症状が出る方が多いようですが、反対に甘いものばかり食べていたり、過食となってしまう人もいるとされています。

不眠症状

寝つきが悪くなり、早朝に目が覚めてしまうなど十分に睡眠をとれない状態になります。ベッドからなかなか出ることができないこと場合に対して睡眠が異常に長くなってしまい寝てばかりという症状の方もいるとされています。動くためのエネルギーがなくなっていくという感じといわれています。

集中力の低下、決断ができなくなる

注意力が散漫になってしまうので集中力もなくなり、勉強や仕事でミスが重なり自己嫌悪におちいることが多くなってしまうとされています。

罪悪感がつのる

理由が特にあるわけでもないのに自分を強く責めてしまい、ささいなことでも忘れられずくよくよと考えてしまいます。何に対しても自分の責任を感じるようになり自分は必要のない人間であると考えることもあります。

興味や喜びがなくなってしまう

何をしてもつまらない、人と話すことが面倒、テレビも見る気になれないなど人が変わってしまったようになり、自分だけの世界に入ってしまう方もいるとされています。

動作や話し方の変化

周りの人から見てはっきりと動作が遅くなり、口数が減り、話す声も小さくなってしまうことがあるといわれています。反対に強い不安があるため、常に落ち着きなく動きつづけているという人もいます。そういった症状の方は、見かけは元気に見えるためにうつ病の再発とは気づかれにくいことが多いです。

自殺願望をもつ

生きていることが非常につらいため、死んでしまいたいという気持ちを持ちます。うつ状態が強い場合は気力もわきませんので自殺を行動に移すことはできませんが、症状が軽くなってきて体が動くようになると実行に移してしまうことがあるので注意が必要といわれています。

うつ病再発の予防法とは

うつ病は何度も再発をくりかえすことがあるとされています。再発回数が増えるほど再発しやすくなってしまうといわれているので、再発を未然に防ぐことはとても重要です。再発するといっても以前のうつ病が完全に治った後の再発とまだ、完全にうつ病が治っていなかったのに症状がぶり返してしまうというタイプの再発があります。

症状がぶり返してしまうタイプ

症状がぶり返してしまうというタイプの再発は、症状的にはよくなっていても、脳の中の状態がまだ健康な状態に戻っていないために起こるとされています。自覚症状がなくなっても半年程度は、脳の情報処理が正しく動かない状態であるといわれています。こういったタイプの再発には医師から治療をする必要がなくなったと言われるまではしっかりと医師の指示に従ってください。

完全に治ったあとでの再発

うつ病が完全に治ったと言われた後にまた再発してしまった場合は、日常の生活習慣、ストレスをコントロールするということを考えているとよいとされています。生活リズムを規則正しく整え、食生活を見直してバランスのよい食事をとるようにします。質のよい睡眠と適度な運動も重要といわれています。このとき、アルコールは控え、ストレスをコントロールする方法も試してみましょう。認知行動療法や森田療法、内観療法などの治療法があり、本人が持つ生きる力を引き出すことが大切と考えられています。

うつ病を治療するために

うつ病は、再発率が非常に高い病気で、患者の約50~80%が2~3年以内に再発してしまうといわれています。症状がよくなったと感じても治療を中止してしまうと再発の可能性が高くなってしまいます。治る患者も多いですが、過半数は再発してしまうということを忘れないようにしてください。もし、再発してしまったと感じるようでしたら、早急に医師の診察を受けるようにしてください。

また、家族や周囲の人たちのサポートも重要です。本人が一番苦しんでいるということを理解したうえで、じっくりと休養ができるように配慮してあげてください。早く社会復帰がしたいと本人が強く思っても、しっかりと治療に向き合うことが先決です。うつ病から回復するためにあせりは禁物です。たとえ再発してしまっても治ると信じて一歩一歩進んでいきましょう。

「うつ病の疑問」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play