うつ病の基礎知識
2017年04月10日更新 2017年03月31日公開

うつ病の初期症状とは

憂うつな気分や、いろいろなことに対してやる気がおきないことは誰にでもあります。通常は、そのような状態も時間の経過とともに回復しますが、うつ病の初期症状とどのような違いがあるのでしょうか。ドクター監修の記事で紹介します。

うつ病はさまざまな症状が出ることが多いのですが、いち早くうつ病だと気がつくことで早期発見することができます。うつ病の初期症状について見てみましょう。

うつ病になる原因

どうしてうつ病になってしまうのか、はっきりとした原因はわかっていません。いろいろな要因が重なり合って脳内の伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンなどが正常に働かなくなっているのではないかと考えられています。

主な原因としては以下のものが考えられます。

  • 心理的原因:失業や定年、大事な人の死など自分にとって大切なものを失ってしまった時
  • 性格傾向:義務感が強く几帳面でまじめな性格、ささいな失敗も気になってしまうような性格
  • 環境要因:人間関係や家族間のトラブル、昇進などで環境が変わる
  • 慢性的な身体的要因:ストレスなどで疲労が続き身体のバランスがくずれる
  • 病気:ガンや脳梗塞などの病気

うつ病の初期症状とは

うつ病は、精神的な症状に注目されがちですが、初めは体調不良似た症状から現れることが多いとされています。

気持ちのよい睡眠ができない

よく眠れなくなったり、早朝に目が覚めてしまったりなど自律神経がうまく作用しないことにより睡眠障害を起こしてしまうことがあります。

眠気が急に襲ってくる

自律神経がうまく作用しないために眠気を我慢することができずうたた寝をしてしまうことがあるとされています。

現実と夢の区別がつかなくなる

睡眠中も脳内が緊張状態となってしまうため、リアルで現実的な夢をみてしまい、現実との区別がつかなくなってしまうことが考えられています。

食欲不振

食べる意欲がわかなくなり、かなりのペースでやせていってしまうという状態とされています。

動機がする、微熱が出る

体が長期間ストレスにさらされている状態となるため、交感神経が過剰に働くようになるといわれています。そのため発熱をしてしまい微熱が続きます。

ひどい頭痛がする、肩や首の凝り

頭痛薬を飲んでも痛みが取れないような場合にうつ病が原因の場合があると考えられています。

体のあちこちが痛む

目や耳、手足や腰の痛みなど体のあちこちに痛みが出ますが、病院で検査をしてもらっても異常がないといわれてしまうことがあるといわれています。

体のだるさ、めまい、汗が出る

自律神経が異常を起こすために体がだるくなったり、めまいの症状が出ることもあり、汗がやたらと出る場合もあります。

性欲の減少、生理不順

ホルモン分泌にも異常をきたすため性欲がなくなる、生理不順になるなどの症状がでるとされています。

雨天の時は調子が悪くなる

気圧が低くなる雨天の日は交感神経が強く作用するので神経が高ぶり、体調不良を起こすことが考えられています。

うつ病を治すための心構え

うつ病の治療にはある程度の期間が必要です。個人差はありますが約3か月~半年ほどかかると考えてください。薬物値様の効果がでてくるまでに約2週間~4週間かかるといわれています。薬が効果を現すまでは、まずしっかりと休養を取ることが大切です。病気であることをきちんと家族や学校、職場に伝えて治療に理解をしてもらいましょう。

薬が効いてくるようになって調子がよくなったと感じても休養と薬の服用をやめないでください。この病気は一気には治らないといわれています。一進一退を繰り返しますが焦らないで治療を続けていきましょう。調子がよくなったと感じた時は、疲れない程度の運動をすることをおすすめします。

治療開始から3~4か月経ってくると前よりも調子がよいと感じる日が増えてくるようになってきます。この時期になっても休養と薬は続けてください。少しずつ元の生活に戻す準備をしていきます。元の生活に合わせた活動(朝は決まった時間に起きる、昼寝は控え気味にする、外出や運動を行うようにするなど)を行っていきましょう。初めは週3日くらいを目標にしてみてください。

6か月くらいから徐々に以前の生活を取り戻すことが可能となってきます。しかし、たとえ元の生活に戻れたとしても、しばらくは薬を服用してください。薬は再発予防に対しても効果的と考えられています。この時期にはなぜうつ病になってしまったのかを考えてみましょう。病気の原因のストレスは何であったのか、また、性格や考え方のクセ、人付き合いに対する対処の仕方などを振り返ってみることも大切です。元の生活に戻っても必ず休息してリラックスの時間をとるように気をつけてください。対処法がわからない場合は主治医に相談してみましょう。

うつ病は再発しやすい病気ですから、自分の特徴を理解しておくことは再発予防にとても有効といわれています。

心療内科、クリニックの活用方法

うつ病は脳の病気です。日本では、うつ病だと考えられる場合でも、病院を1年以内に受診する方は20%程度といわれています。最近はテレビなどの影響でうつ病の知識が浸透し、受診する方は増えてきたとされていますが、うつ病かもしれないと感じるのならば早い段階で心療内科やクリニックを受診することが大切です。

また、うつ病には休養が必要なので学校や職場を休む必要が出てくる場合があります。そういった時には、医師から診断書を書いてもらい提出し、休養するようにしましょう。

「うつ病の基礎知識」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play